Entry: main  << >>
有機 高山包種茶。
0


    基準はあいまいですが、基本的に発酵がごく浅めの部分発酵茶を包種茶と呼びます。(大陸ではすべて烏龍茶に含めてしまうし、台湾でも人によって意見が違います)

    元は茶葉に花の香りを添加し、紙に包んで流通したことからこの名前がついたそうです。
    今でもほのかに花のように香る(もちろん着香なしで)のは包種茶の特徴です。

    ネーミングとして最も有名なのは「文山包種茶」。
    海抜400m〜700mの文山地区の茶畑でつくられます。
    蘭の香りに例えられるこの茶は特に近年日本でも人気となりました。



    台湾の高山(1000m以上)で育てられた茶を「高山茶」と呼びます。
    寒暖差や霧や澄んだ空気などの条件がお茶の風味にとって特によい影響を与えることから、甘く清らかな茶を望むなら高山茶とも言われます。

    台中の標高1000m以上の山地で有機栽培された茶を包種茶に仕上げたこのお茶は贅沢に美しく香る極上の包種茶です。
    一般的な台湾茶同様、味は日本茶や紅茶に比べ淡泊ですが、花香と甘い余韻が長く続きます。
    お酒を飲んだ翌朝などに飲んでみてください。
    すっ、と上手にリセットされるのがわかります。

    ■ 有機 高山包種茶 20g ¥930
    オンラインショップはこちら
    http://shop.connacht.jp/?pid=37066358


    【カフェのブログはこちら】
    | | 17:58 | comments(0) | - |
    Comment








    コノハト茶葉店 ONLINE SHOP


    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    Profile

    Facebookページ

    コノハト茶葉店

    Facebookページも宣伝

    営業時間のお知らせ

    営業時間のお知らせ
    営業時間

    10時OPEN 20時CLOSE

    *現在カフェ・スペースの営業はありません

    毎週火曜日は定休日です。

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others