Entry: main  << >>
使ってみました、T-Go mini。
0

     

    ステンレスの茶漉しを装着したタンブラーの上下にフタがあるベストセラー品「T-Go」。好きな茶葉を直接入れて持ち歩けるし、オフィスなどで重宝する道具です。



    新たにラインナップに加わった「T-Go mini」は、既存のT-Go(左)が容量500mlなのに対して、ぐっと小さい300ml(右)。一般的なマグカップの容量です。

    正直、miniを最初に見たときは「この大きさ、欲しい人はいるのかな?」と懐疑的だったのですが、試しに使ってみると、これが本当に便利!
    僕はマグにティーバッグを入れっぱなしにして湯を継ぎ足しながらダラダラ飲むのが結構好きなのですが、T-Go miniは、リーフティーでそれができちゃう道具・・と言えばご理解いただけるでしょうか。

    これが全パーツです。


    耐熱樹脂のボディ、上下のフタ、ステンレスの茶こし、飲み口などの部品で構成されます。
    まずは片側のフタをしっかり締めて、茶こしをセットします。



    茶こしの中にお茶をいれます。ちなみに今回は台湾茶。湯を入れっぱなしにする想定なので、使った量は2gに満たない程度です。



    次にもう片方もフタをしっかり(←ここ大事です)して、逆さにします。お湯を適量注いで、フタをして蒸らします。



    あとはフタを外して飲むだけ。付属の飲み口をセットすると飲みやすそう・・・ですよね。



    飲みやすそう・・・と僕も思ったのですが、お茶は熱湯を使うことが多い飲み物。この隙間から飲むのは少し怖いのです。

    僅かとはいえ段差があるので、熱いお茶が口元に触れる瞬間が判りにくい。そして、この形のせいでお茶が唇にあたる場所が予想とは違ったりするのです。

    せっかくの香りも樹脂で遮られてしまうので、(あくまで個人的な意見ですが)これでお茶を楽しむ場合はこの飲み口、使わないのがおすすめです。(フタを開けたまま持ち運んだり、車で使ったりする時にはとても有効です。)



    僅かであっても樹脂の匂いがするのは否めないので、香りの繊細な茶を淹れる場合は注意が必要・・・ではありますが、この便利さの前では多少のことには目をつぶりたくなります。ここ丸2日、ずっとデスクで使いっぱなし。手放せなくなる気がしています(付属のボトルカバーもすごく便利)。

     

    *パッケージの使い方欄には「紅茶:5g / 2分〜3分」とありますが、茶こしにあわせて茶の量を少なめ(2〜3g)に、逆に時間をのばしてあげるとより美味しく淹れられますよ。



     

    ■ T-Go mini ¥2,200+tax

    ◇ オンラインショップは → こちら

    | コノハト茶葉店 | 13:28 | comments(0) | - |
    Comment








    コノハト茶葉店 ONLINE SHOP


    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    Profile

    Facebookページ

    コノハト茶葉店

    Facebookページも宣伝

    営業時間のお知らせ

    営業時間のお知らせ

    10時OPEN 20時CLOSE
    日曜日は18時CLOSE

    *カフェ・スペースはありません

    毎週火曜日は定休日です。

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others