Entry: main  << >>
何がいいって、名前がいいですよね。
0

     

    ダージリンティー、宇治茶、凍頂烏龍茶・・・など、茶の名前は地名を由来とするものが多くあります。もっと大きな枠で「日本茶」「インドティー」「台湾茶」など、国の名前で括ることも。

    セイロンティーという名前は聞いたことがあると思います。これは現在のスリランカがセイロンと呼ばれていた頃の名残。日本でもとても馴染みのある紅茶です。

     

    このブログでも頻繁に茶の育成環境の話題が出てきます。いろいろな条件が加味されますが、すごく大雑把にいうと、標高による環境差はかなり大きく茶の品質を左右します。

    セイロン(スリランカ)島の中でも、高い土地、中間の土地、低地の三つにわけ、そこで作られた紅茶を「ハイ・グロウン(grown)ティー」「ミディアム(ミドル)・グロウンティー」「ロー・グロウンティー」と呼びます。それぞれに特徴や使い道があり、ローグロウンだから低級・・・という短絡的な烙印を捺すことはありませんが、古今東西、高地の茶には優れた品質のものが多いのも本当です。

     

     

    「ヌワラエリヤ」(Nuwara Eliya : これも地名ですね)は、セイロンティーの中でも最も高い場所で栽培される紅茶のひとつ。明るい水色(抽出液の色)、繊細でフラワリーな風味は「セイロンティーのシャンパン」とも呼ばれます。2017年5月製造。

     

    ■ プレミアム・ヌワラエリヤ 2017 50g ¥865(税別)

    ◇ オンラインショップは → こちら

    | コノハト茶葉店 | 19:31 | comments(0) | - |
    Comment








    コノハト茶葉店 ONLINE SHOP


    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    Profile

    Facebookページ

    コノハト茶葉店

    Facebookページも宣伝

    営業時間のお知らせ

    営業時間のお知らせ
    営業時間

    10時OPEN 20時CLOSE

    *現在カフェ・スペースの営業はありません

    毎週火曜日は定休日です。

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others