Page: 1/339   >>
2016セカンドフラッシュ・ダージリン 30%OFF。
0

     

    通常、割引販売はしないのですが、今季はここから新茶が目白押しで置き場がない、という切羽詰まった状況につき、2016セカンドフラッシュを3割引。

    既に飲まれている方はご存知の通り、このサングマ茶園産2ndダージリンはファーストフラッシュとセカンドフラッシュの中間のような淡く繊細でフルーティーな味わい。日本人好みの逸品です。

    適切に保管された夏のお茶は、時間経過でよりまろやかで芳醇な風味を纏います。

    ファーストフラッシュとの飲み比べも楽しいですよ。この機会にぜひ。

     

    ■ 2016 セカンドフラッシュ・ダージリン - サングマ茶園産 FOPGOLD  ¥1,376 → ¥963(税込)

    ◇ オンラインショップは → こちら

     

    | コノハト茶葉店 | 15:02 | comments(0) | - |
    広報マネージャーはDavid(熊)。
    0

       

      宿泊施設の経費削減の際、最初に対象となるもののひとつが、部屋置きのお茶だと聞いたことがあります。

      そんな中でも、そこにはちゃんと予算をかけたい、とおっしゃるホテルが増えてきたように思います。嬉しいです。

      部屋のお茶がどうかなんて、些細なことかもしれませんが、人は些細なことにばかり感動するのです。旅先では特にね。

       

      函館男爵倶楽部さまの10周年リニューアルに合わせて、アメニティにコノハト茶葉店のお茶を採用いただきました(監修 函館男爵倶楽部)。まずは新客室「D-ルーム」に設置済み。

       パッケージには男爵倶楽部の新オフィシャル・キャラクター「デイビッド」(グラスゴー出身らしい・・・ yeah)が和装で登場。

       

       

      函館はこれから本当に良い季節ですね。

      | コノハト茶葉店 | 16:45 | comments(0) | - |
      白缶できました。
      0

         

        長らく品切れ中だった、オリジナル茶缶01 マットホワイトが本日入荷しました。

        マットホワイトに黒のロゴ、マットブラックに光沢のある黒のロゴの2種類が定番品です。

        内容量は「01」が煎茶で100g、「03」が煎茶200g。

        和のデザインの「梅紋 和缶」も白黒展開です。

        (マスキングテープはサイズ比較用です)

         

        缶にそのまま茶を入れてもいいのですが、付属の袋を使っていただいた方が保管には適しています。

        缶には袋と一緒に、木製クリップも付属します。中で袋を留めて保管してください。

         

         

        余談ですが、いろいろな場所でこの缶の反応を伺うと、外国からのお客様には黒、日本人には白が人気なのだそう。

        確かに、自動車も洋服も貴金属も、日本人は白が好きですね。

        これはどういう理由なのか、ご存知な方がいたらおしえてください。

        (本当に余談だなぁ)

         

         

         

        | コノハト茶葉店 | 15:17 | comments(0) | - |
        サムシングブルーのギフト袋。
        0

           

          店頭でのギフトラッピングは500円以上から承っています。ブライダルに人気のプチギフト「サムシング・ブルー」は税込価格が¥423。このまま手渡しがかわいいと思ったので、ラッピングの想定はしていませんでしたが、ご希望の方用に有料(43円 税別)で写真左のギフトバッグをご用意しました。

           

          ■ サムシング・ブルー(ティーバッグ3個入)¥392(税別)

           

           

           

          | コノハト茶葉店 | 14:57 | comments(0) | - |
          アッサムのこと。
          0

             

            ダージリンと並ぶ、インドの(というか、世界の)代表的な紅茶「アッサム・ティー」。

            前回のダージリンについてのブログの最後に「中国種」という言葉が出てきたのを覚えていますか?

            紅茶の大雑把な分け方として、中国から伝わった「中国種」と、インドアッサム地方に起源を持つとされる「アッサム種」のふたつがあります(もちろん、この2種は掛け合わせによって更に様々に分かれます)。

            今回ご紹介するのは、アッサム地方で作られるアッサム種、「アッサム・ティー」。品種の違いはかなりハッキリとカップの中に色や風味として顕れます。

             

            ・右がアッサム(アッサム種) 左がダージリン(中国種)

             

            そのアッサム・ティーのほとんどはCTCという製法を用いた製品(CTCは「Crush 圧し潰す」「Tear up 引き裂く」「Carl 丸める」の頭文字をとったもの)。製茶時やお茶の抽出の時間短縮が目的です。細かく切り刻まれた茶は、紅茶らしい、しっかりとした苦味や渋みを出しやすいので、ミルクとの相性が抜群です。一方、オレンジペコーと呼ばれる、カサのあるリーフティーはすっきりとストレートでも楽しめるのが魅力。もちろん、抽出時間をコントロールして濃いめにすれば、ミルクティーに最適な風味にも。

             

            ・左がオレンジペコー 右がCTC

             

            ・茶葉の量5g 湯の量300cc 同条件で淹れたオレンジペコー(左)とCTC(右)

             

            ■ アッサム・オレンジペコー コノハト・スタンダード 50g ¥700(税別)

            ◇ オンラインショップは → こちら

             

             

            | コノハト茶葉店 | 13:10 | comments(0) | - |

            コノハト茶葉店 ONLINE SHOP


            Calendar

                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << April 2017 >>

            Profile

            Facebookページ

            コノハト茶葉店

            Facebookページも宣伝

            営業時間のお知らせ

            営業時間のお知らせ
            営業時間

            10時OPEN 20時CLOSE

            *現在カフェ・スペースの営業はありません

            毎週火曜日は定休日です。

            Search

            Entry

            Comment

            Archives

            Category

            Link

            Feed

            Others